Gustav Von Aschenbach BY Robert Geller

Robert Geller began his career in design after graduating from the Rhode Island School of Design in 2001. Entering into a trainee ship at Marc Jacobs in New York City, he assisted in the creation of four collections before leaving to join designer Alexandre Plokhov to revamp New York-based brand, Cloak; a menswear line that would win the two designers the Ecco Domani Fashion Foundation award in 2003 and a Vogue/CFDA Fashion Fund runner-up prize in 2004. Geller launched his namesake collection in 2007. In 2009, GQ Magazine named him Best New Menswear Designer in America.

Having established a cult following with the brand, the designer, in 2010, added Robert Geller Seconds, a cut and sew collection designed to be an elegant interpretation of classic athletic wear. He was a finalist for the 2010 CFDA / Vogue Fashion Fund prize, and won CFDA Swarovski Award for Menswear the following year.

Robert Geller launched a denim collection in 2015, and each season continues to collaboratewith other brands for accessories and shoes. This Fall/Winter collection will mark the 10-year anniversary of the brand. Coinciding with his 10 year anniversary Robert Geller has also been nominated Menswear designer of the Year 2017.

In July 2017 Robert Geller launched a new line, GUSTAV VON ASCHENBACH. The firstcollection was shown during NYFW:Mens at the Cadillac House, July 11th at noon as part of the official calendar. GUSTAV VON ASCHENBACH takes its name from the main character of Thomas Mann’s famous novel, Death in Venice. Like many of Mann’s literary works, Death in Venice, is steeped with references to contemporary influences ranging from music -Gustav Mahler gave the character his name- to Freud’s findings in psychology as well as classicist references to greek mythology. Additionally through its suffix “von” the name evokes a “tongue-in-cheek” nobility. Robert takes these German references to update them with contemporary elements.GUSTAV VON ASCHENBACH is an instantiation of his desire to make his designs easily available and to reach a broader public. It’s about wearability, comfort and ease, new, special yet wearable shapes, “a great product at a great price point.” It’s also a continuation of the designers exploration of color that we are so familiar with from his namesake collection.

rg_portrait

Gustav Von Aschenbach BY Robert Geller

ロバート・ゲラーのキャリアは、米国の美大の最高峰である ロードアイランド・スクール・オブ・デザインを2001年に卒業から始まった。

NYにてMarc Jacobsのインターンとして働き始め、4つのコレクションに携わる。
その後、NYベースのブランドであるアレクサンダー・プロコフの展開するCloakのデザインに参加。
2003年には新人デザイナーを支援するエコ・ドマーニ・ファッション財団賞を。
VOGUE/CFDA( 米ファッションデザイナー協議会) が開催するアメリカで最も活躍しているファッションデザイナーを表彰するVOGUE/CFDA ファッション・ファンドでは、ランナーアップ賞を2004年に受賞など、様々な賞の受賞に貢献をした。

2007年にゲラーは自身の名前を冠したコレクションを発表。
2009年には、GQマガジンにてベスト・新人メンズウェア・デザイナー賞を米国にて受賞した。

ブランドへの熱烈なファンを生み出し、2010年にRobert Geller Secondというカットソーコレクションを、クラシックなウェアにエレガントな解釈を加えたものとして発表。
彼は2010年のVOGUE/CFDAファッション・ファンド賞を受賞し、翌年にはCFDAのスワロフスキー賞をメンズウェア部門で獲得している。

2015年にはデニムコレクションを発表。
アクセサリーや靴においては他ブランドとのコラボレーションし発表している。
ブランドは10周年を迎え、ロバート・ゲラーは2017年にCFDA( 米ファッションデザイナー協議会)より、最も活躍しているファッションデザイナーに贈られる「 デザイナー・オブ・ザ・イヤー」のメンズウェア部門にノミネートされた。

2017年7月11日正午、ニューヨークファッションウィーク、キャデラックハウスにて新しいブランドGustav Von Aschenbachを発表した。

グスタフ・ヴォン・アッシェンバッハという名は、トーマス・マンの有名な小説である『ヴェニスに死す』の主人公から取った名前である。多くのトーマス・マンの作品にみられるように『ヴェニスに死す』も、グスタフ・マーラーの音楽が登場人物に名前を与えたように、その影響を音楽からフロイトの心理学、古典主義者からギリシャ神話に至るまで深く受けている。Vonという 接尾辞が、皮肉のこもったユーモアセンスの気高さを感じさせる。

ロバート・ゲラーは、ドイツのこれらを参照し、現代的な要素を取り入れている。グスタフ・ヴォン・アッシェンバッハは、より幅広い顧客層に自身のデザインを届けたいというロバート・ゲラーの願いを具体化したものである。

着やすさ、居心地の良さ、新しく、特別でかつ着やすい形、そして「素晴らしい商品で、素晴らしい価格ポイント」というのがブランドの特徴だ。またロバート・ゲラーがコレクションで見せてきた、デザイナーの色に対する探求心が見られるコレクションなのだ。

rg_portrait